ピュアウォーターがついに使い放題

無料になるキャンペーン中

CoolQooの凄さを宅配水 浄水器 徹底比較

比較表

定額制のCoolQooだから圧倒的なコスパを実現

無料になるキャンペーン中

ウォーターサーバー 羞容

ポストする December 26, 2015


聞虞■(「眄」の「目」をサンズイに換えた字。ベン)州有替將歸上都登漢東城寄贈 劉長卿淮南搖落客心悲、●(サンズイに「員」。ウン)水悠悠怨別離。早雁初辭舊關塞、秋風先入古城池。腰章建隼皇恩賜、露冕臨人白髮垂。惆悵恨(一作夫)先我去、漢陽耆老憶旌麾(一作旗)。【韻字】悲・離・池・垂・麾(平声、支韻)。【訓読文】虞■(ベン)州の替有りて将に上都に帰らんとするを聞き漢東城に登りて寄贈す。淮南揺落して客心悲しび、●(ウン)水悠悠として別離を怨む。早雁初めて辞す旧関塞、秋風先づ入る古城の池。腰章建隼皇恩より賜はり、冕を露はにし人に臨みて白髮垂る。惆悵して君(一に「夫」に作る)を恨む我に先んじて去るを、漢陽耆老旌麾(一に「旗」に作る)を憶ふ。【注】○虞■(ベン)州 湖北省武漢市漢陽。○替 勤務の交代。○上都 長安。○漢東城 湖北省随県にあった。○淮南 唐の方鎮の一。治所は揚州(江蘇省揚州市)にあった。○揺落 秋に木々の葉が散る。○客心 郷里を離れて異郷にいる者の心。○●(ウン)水 川の名。南陽を流れる。○悠悠 ゆったりとしたさま。また、はるかなさま。○別離 わかれ。○関塞 関所ととりで。○古城 ふるい町。○腰章 腰にぶらさげた印章。むかし官吏は任命されると同時に天子から地位や感触を表徴する印章と印綬をいただいた。○建隼 ハヤブサを画いた旗。州郡の長官が赴任するさいに掲げた。○皇恩 天子のご恩。○露冕 「後漢の郭賀が荊州の刺史だったとき、明帝が南陽を巡狩し、三公の服を与え、袒を去り冕を露わにして住民に見せ、郭賀に徳が有ることを表彰した。○惆悵 かなしみなげく。○漢陽 湖北省武漢市。○耆老 老人。耆は六十歳、老は七十歳。○旌麾 旗のぼり。【訳】■(ベン)州の刺史虞遜が刺史の交替によって長安の都に帰ろうとしているのを聞き、漢東城に登って別れの詩を詠んで贈る。淮南の地に木の葉散りふるさと恋し旅ごころ、●(ウン)水の水はるばると別離を怨む我が涙。かりがね関におとずれて、秋風わたる城の池。腰の印章、ハヤブサの旗をば天子にいただいて、冕を露わに人前で白髮を垂るるはずかしさ。我を残して君は去り、漢陽老人旗おもう。

謫官後臥病官舍簡賀蘭侍郎(一作貶睦州祖庸見贈) 劉長卿青春衣繍共稱(一作刺繍服正相)宜、白首垂(一作髮如)絲恨不遺。江上幾回今夜月、鏡中無復少年時。生還北闕誰相(一作將、一作能)引、老向南邦衆所悲。歳歳任他芳草緑、長沙未有定歸期。【韻字】宜・遺・時・悲・期(支韻)。【訓読文】謫官の後病に臥し官舍にて賀蘭侍郎に簡す(一に「貶睦州祖庸見贈」に作る)。青春繍を衣(き)て共に(一に「刺繍服正相」に作る)宜に称(かな)ひ、白首糸を垂れて(一に「髪如」に作る)恨み遺(のこ)らず。江上幾たびか回(かへ)る今夜の月、鏡中復ること無し少年の時。生きて北闕に還るも誰か相(一に「将」に作り、一に「能」に作る)引かん、老いて南邦に向かへば衆の悲しぶ所。歳歳任他(さもあらばあれ)芳草緑に、長沙未だ帰期を定むること有らず。【注】○謫官 官位をおとして地方へ流される。○臥病 病気で寝込む。○官舍 官吏の住居として政府からあてがわれた住居。○賀蘭侍郎○青春 年が若くて元気な時代。○衣繍 錦を着る。出世して立派な衣服を着る。○白首 白髪頭。○垂糸 白髪を垂らす。○江上 川のほとり。○幾回 何度のぼったことか。○鏡中 鏡のなか。○復 もどる。○少年 若者。○北闕 宮城。都の北にあったのでいう。○誰相引 いったいだれが引き上げて出世させてくれるだろう、いや、だれもおらぬ。○南邦 南方。○衆所悲 民衆に悲しまれる。○歳歳 毎年。○任他(さもあらばあれ) どうなろうと、ままよ。○芳草 香りよい草。○長沙 湖南省長沙市。○帰期 故郷に帰る時期。【訳】左遷されてのち、病気で寝込み、官舍で賀蘭侍郎に贈った詩。若い時分は錦来て意気揚々としたゆえに、年老いたいま白髪をたれても悔いは残るまい。川のほとりを照らす月、幾たび空をめぐりしや、鏡のぞけば老けた顔、わかい時にはもどりゃせぬ。生きて都に還るとも誰がひいきにしてくれよう、老いて南へ行くこたび民が別れを悲しめり。毎年成り行き任せにて草生い茂る春迎え、長沙にありて故郷へ帰る時期まだ定まらぬ。 ウォーターサーバー 羞容


ウォーターサーバー 羞容

リッチコンテンツなどの普及で、高速化・大容量化のニーズが拡大する中、NTTドコモはキャリアアグリゲーションを駆使して262・5メガビット/秒のサービスを25日(金)から開始する。 デモの風景 . ウォーターサーバーを導入して分かったこと. 2015/09/20 .

送陶十赴杭州攝掾 劉長卿莫歎江城一掾卑、滄洲未是阻心期。浙中山色千萬状、門外潮聲朝暮時。【韻字】卑・期・時(平声、支韻)。【訓読文】陶十の杭州に掾を摂りに赴くを送る。 歎くこと莫かれ江城一掾卑しと、滄洲未だ是れ心期を阻まず。浙中の山色は千万状、門外の潮声は朝暮の時。【注】○陶十 劉長卿の知人らしいが、未詳。(宋本)に「姚十」に作る。○杭州 浙江省杭州市。○掾 下級役人。○江城 川のほとりの町。○卑 地位が低い。○滄洲○心期 期待。○浙中 浙江省。(宋本)に「浙南」に作る。○山色 山のすがた。【訳】陶十が杭州に下級役人として赴任するのを見送る。君よ嘆くな川べりの町の下役くだらぬと、いなかの水辺これこそは隠者の期待にそうところ。浙江の山さまざまな景色を見せて絶景ぞ、町の城門その外は明け暮れ響く波の音。

ウォーターサーバー 羞容 觀李湊所畫美人障子 劉長卿愛爾含天姿、丹青有殊智。無間已得象、象外更生意。西子不可見、千載無重還。空令浣沙態、猶在含毫間。一笑豈易得、雙蛾如有情。窗風不舉袖、但覺羅衣輕。華堂翠幕春風來、内閣金屏曙色開。此中一見亂人目(一作眼)、只移行到雲(一作行雨到)陽臺。(洪邁取末四句作絶句)【韻字】姿・智・意(去声、■(ウカンムリに「眞」。シ)韻)、還・間(平声、刪韻)、情・軽(平声、庚韻)、来・開・台(平声、灰韻)。【訓読文】李湊の画く所の美人の障子を観る。愛づ爾の天姿を含み、丹青殊智有るを。無間に已に象を得、象外更に意を生ず。西子見るべからず、千載重ねて還ること無し。空しく浣沙の態をして、猶ほ含毫の間に在らしむ。一笑豈に得易からん、双蛾情有るがごとし。窓風袖を挙げず、但だ羅衣の軽きを覚ゆ。華堂翠幕春風来たり、内閣金屏曙色開く。此の中一見人の目(一に「眼」に作る)を乱し、只だ移す行きて雲(一に「行雨到」に作る)陽の台に到るを。(洪邁取末四句作絶句)

CS /コミュニケーションサーバ/ CTC /伊藤忠テクノサイエンス/ Caesar /シーザー/カエサル/ Calbee /カルビー/ Camille /カミーユ/ . water /ウォーター/ waterfall /ウォータフォール/ waterproof /ウォータープルーフ/ watson /ワトソン/ wave /ウェーブ/ウエーブ/波/ .

送皇甫曾赴上都 劉長卿東遊久與故人違、西去荒涼舊路微。秋草不生三徑處、行人獨向五陵歸。離心日遠如流水、迴首川長共落暉。楚客豈勞傷此別、滄江欲暮自霑衣。【韻字】違・微・帰・暉・衣(平声、微韻)。【訓読文】送皇甫曽の上都に赴くを送る。東遊久しく故人と違ひ、西去荒涼として旧路微かなり。秋草三径に生ぜざる処、行人独り五陵に向かひて帰る。離心日びに遠ざかること流水のごとく、迴首川長くして落暉を共にす。楚客豈に労せんや此の別れを傷むを、滄江暮れんと欲して自から衣を霑す。【注】○皇甫曽 皇甫冉の弟。○赴 役目で行く。○上都 長安。○故人 古くからの友人。○荒涼 荒れ果ててさびしいようす。○三径 門へ出る道、裏門へ出る道、井戸へ出る道。『三輔決録』に、前漢の蒋元卿の屋敷には竹下に三径を開き、故人の求仲・羊仲が遊んだという。○行人 旅人。ここでは皇甫曽をさす。○五陵 唐の高祖・太宗・高宗・中宗・睿宗の墓所。いずれも陝西省にあり。富豪が多く住んでいたという。○離心 離れそむく心。○迴首 ふりかえって見る。○落暉 沈み行く太陽。○楚客 楚の地方(長江中流域)の旅人。○傷此別 別れに心をいためる。○滄江 青い川。○欲暮 いまにも日が暮れそう。○霑衣 涙で衣をぬらす。【訳】皇甫曽が長安に赴くのを見送る。東へきてから長いこと旧友たちともご無沙汰で、これから西に向かいゆく道あれはててさびしかろう。三径にはまだ草はえず、五陵めざしてきみ帰る。別れる心は流水のごとくに日々に遠ざかり、こうべめぐらし振り返りゃ川のあなたに日は沈む。楚に残るわれに此の別れ、さらに辛さを添えるのか、滄江もうじき日は暮れん、おのずと涙袖ぬらす。

ウォーターサーバー 羞容 歳日見新暦因寄都官裴郎中 劉長卿青陽振蟄初頒暦、白首銜冤欲問天。絳老更能經幾歳、賈生何事又三年。愁占蓍草終難決、病對椒花倍自憐。若道平分四時氣,南枝為底發春偏。【韻字】天・年・憐・偏(平声、先韻)。【訓読文】歳日新しき暦を見て因つて都官の裴郎中に寄す。青陽蟄を振るひ初めて暦を頒かち、白首冤を銜(ふく)みて天に問はんと欲す。絳老更に能く幾歳をか経ん、賈生何事ぞ又三年。愁ひて蓍草を占ふも終に決し難く、病んで椒花に対すれば倍(ますます)自ら憐ぶ。若(もし)平らかに四時の気を分つと道(い)はば、南枝底為(なにしにか)春に発(ひら)くとこ偏からん。【注】○都官郎中 尚書省刑部第二司の都官司の長官。従五品上。官府の奴婢および部曲客女の政を掌る。 ○青陽 春。蟄を振るひ初めて○頒暦 天子が毎年冬の終わりに翌年の暦を頒布すること。○白首 白髪頭。○銜冤 無実の罪を釈明できずにいること。○絳老 老人。○賈生 前漢の文人、政論家、賈誼。洛陽の人。文帝に仕えた。(前二〇〇……前一六八年)。○何事 どういうわけで。○蓍草 うらないに用いるメドハギの茎。○椒花 椒花頌。新年の祝詞。○倍 いっそう。○四時 春夏秋冬。○南枝 南側の枝。梅の花についていうことが多い。○底為 どうして。【訳】新年に新しい暦を目にしてそこで都官裴郎中に寄せた詩。春を迎えて土の中こもれる虫も動きだし新年のため配られた暦の色も真新し、我は年老い頭髪も白髪がふえたが罪はれず何とか己の無実をば天に問わんと試みる。こんな老いぼれいつまでも生きられるかはわかりゃせぬ、どういうわけで三年も任期を延期されるやら。悲しみに暮れ占うもいつかえれるか結果でず、病身の身で新年の祝詞を見れば情けなや。ほんに四時は平等か、平等ならば何ゆえに南の枝のみ春に咲く。

尋龍井楊老 劉長卿柴門草舍絶風塵、空谷耕田學子真。泉咽恐(一作豈)勞經隴底(一作客、一作地、又作■(「低」の「イ」を「土」に換えた字。テイ))、山深不覺有秦人。手栽松樹蒼蒼老、身臥桃園寂寂春。唯有胡麻當鶏黍、白雲來往未嫌貧。【韻字】真・人・春・貧(平声、真韻)。【訓読文】龍井楊老を尋ぬ。柴門草舍風塵絶え、空谷耕田子真を学ぶ。泉咽びて隴底(一に「客に作り、一に「地」に作り、又「■(テイ)」に作る)を経るを労するを恐(一に「豈」に作る)れ、山深くして秦人の有るを覚えず。手づから松樹を栽ゑて蒼蒼として老い、身桃園に臥して寂寂として春なり。唯(ただ)胡麻の鶏黍に当たる有り、白雲来往して未だ貧を嫌はず。【注】○龍井 各地にあって特定できない。著名なものは次のごとし。一は、福建省崇安県西南の武夷山上。一は、福建省▼(「サンズイ」に「章」。ショウ)浦県の東。一は、江西省南昌市の東。一は、山西省平定県の西の嘉山。○楊老 楊姓の老人。○柴門 しばを編んで作った粗末な門。○草舍 草葺きの家。○風塵 憂き世のわずらわしさやけがらわしさ。○空谷 人けのないさびしい谷。○耕田 田畑をたがやす。○子真 『揚子法言』《問神》「谷口の鄭子真、其の志を屈せずして、巌石の下を耕し、名は京師に震ふ」。○隴底(一に「客に作り、一に「地」に作り、又「■(テイ)」に作る) 隴山。陝西省隴県の西北より陝西・甘粛省の辺境にいたる。○不覚有秦人 桃花源の話をふまえる。○手 みずからの手で。○蒼蒼 樹木のあおあおとしたさま。○桃園 桃林。河南省霊宝県以西、陝西省◆(サンズイに「童」。トウ)関以東の地。○寂寂 ひっそりとしてしずかなさま。○胡麻 ゴマ。○鶏黍 にわとりを殺してスープにし、きびの飯をたいてもてなす。【訳】龍井の楊老人を訪問したときの作。柴の門入り草ぶきの家たずねればさまざまな憂き世の煩わしさもなく、ひっそりとした谷近くきみは田畑を耕作す。泉ちょろちょろ音立てて隴山越えたをねぎらいて、こんなに深き山なれば秦人いるを誰が知ろう。手植えの松も年ふりて、桃さく春の庭に臥す。胡麻生い鶏あそびおり畑の黍は風にゆれ、空に行き交う白き雲、清貧たもつ暮らしぶり。

1122909443493s.jpg · 直アドゴーゴ 『サイト内でやりとりするのは面倒』というみなさん!直接やり取りしちゃってください!当サイトはあなたとお相手の「直アド」を交換するためのサイトです!使い方も超簡単!アナタの「直アド」を入力すると「自動地域検索」の .

ウォーターサーバー 残量    ウォーターサーバー放射能   

CoolQoo月々4900円定額 ボトル不要 水使い不要 宅配水から乗り換えるならいま!無料になるキャンペーン中