ピュアウォーターがついに使い放題

無料になるキャンペーン中

CoolQooの凄さを宅配水 浄水器 徹底比較

比較表

定額制のCoolQooだから圧倒的なコスパを実現

無料になるキャンペーン中

ウォーターサーバー ペットボトル

ポストする December 7, 2015


毎日の生活に取り入れる事で健康的な生活を送る事ができるちょっとした豆知識や、今まで『これは知っておかなくちゃ!』と思いつつも、面倒だから調べてこなかった情報など…。とにかくお水の事で役に立つ情報なら何でもお話していきたいと思います。

ペットボトルを購入していたお金を浮かせる事が出来る、重たい荷物を運ぶ手間が省けるなど、ウォーターサーバーには様々な魅力があります。飲料だけでなく、料理や赤ちゃんのミルク作りなどにも活用できるので、大変便利で経済的な商品ではないでしょうか? ウォーターサーバー ペットボトル


ウォーターサーバー ペットボトル

ペットボトル式ウォーターサーバーは逆に割高? ペットボトル式ウォーターサーバーというものも登場してきています。そこで、料金について調べたところペットボトル式ウォーターサーバーはサーバー本体を購入するため最低本体価格2000円代~最高本体 .

つまり、ペットボトルで水を買うよりも、いっそのことウォーターサーバーをレンタルしたほうがお得になります。 ウォーターサーバー料金面と便利さで考えた場合、ウォーターサーバーを選ぶ人が多いのは当然かもしれません。

ウォーターサーバー ペットボトル また冷蔵庫に入れられる量も限られていますし、ウォーターサーバーなら一瞬で用意できる温水も、すぐには用意できない(沸かさなければいけない)ので、ペットボトル入りの水はサーバーのそれに比べれば不便なところしかないわけです。

ペットボトルの水は、日本ブランドの「名水」や「天然水」、海外ブランドの「ナチュラルウォーター」、大手飲料水メーカーの企画商品、 . 水の宅配サービスは、水の品質や成分だけでなく、サービス内容や、ウォーターサーバーの機能などで選ばれることが多いのが .

ペットボトル入りのミネラルウォーターは、いつでも買い足せるし、賞味期限がずっと先まであるので、買い置きできるという点で、便利だといえます。また、ウォーターサーバー会社によっては、月々の条件がある会社もあり、そういった会社だと、たとえ水がまだ残っていても交換されてしまいますが、ペットボトルならそういうことはありません。

ウォーターサーバー ペットボトル ただ、これはあくまでも万一を想定した場合の話であって、通常の飲み水として購入する場合、便利さという点でペットボトル入りのそれがウォーターサーバーに勝る点はひとつもありません。なぜなら、ペットボトルは毎度、能動的に自分から買い物をしに行かなければなりませんし、持って帰って来るのも重くて大変。

ウォーターサーバーのレンタル、購入を検討する人は、まずどっちがお得なのかが気になるのではないでしょうか。 つまり、サーバーをレンタルするよりも、ペットボトル入りのミネラルウォーターを買ったほうが安上がりなのではないか??実際どうなのでしょうか。

ペットボトルとウォーターサーバーをレンタルするのは、どちらが安いか。 当然ウォーターサーバーはサーバー料金が発生しますので、ペットボトルの方がずっと安くなります。 それで、どれくらい値段が違うかをリサーチしてみました。 アマゾンや楽天で変える国産の .

ウォーターサーバー ペットボトル ペットボトルのお水を購入する場合、重たいペットボトルを自宅まで運ばなければいけません。買い物中も荷物になりますし、大変な作業である事が目に浮かびます。ウォーターサーバーを設置すると、こういった作業は一切必要なく、定期的にまたは注文をした時に自宅に宅配してもらえます。重たいお水を運ぶ必要もありませんし、買い物の邪魔になる事もありません。

ウォーターサーバーに設置するお水は、だいたい大容量のボトルに入って届けられます。 例えば、今まで2リットルのペットボトルをその都度買っているよりも、12リットルのウォーターサーバーのボトルを1本買ってしまった方が安くつく場合があるのです。

「ペットボトル症候群」をご存知でしょうか?ペットボトルのジュースやスポーツドリンクの清涼飲料水は、飲みやすいように糖分が入っているものが多くありますが、この様な飲み物ばかりを飲んで糖分を摂りすぎると、血糖値が上がり、血糖値が上がると口が渇いてますます水分を摂りたくなり、更に清涼飲料水を飲んでしまうという悪循環に陥ってしまいます。すると常に血糖値が上がった状態になり、急性の糖尿病になってしまうというのが「ペットボトル症候群」なのです。

一日一本飲むのだとしても、これならペットボトル入りのミネラルウォーターを量販店で買ったほうが値段は安いかもしれません。しかしそれは、高品質とはいえない、安さだけを追い求めた水を購入した場合であって、体に良いものを、美味しいものをとハードルを高くしていくと、それに比例して料金も高額になってきます。

このように、お水の使い分けをしていると最終的にコストがかかってしまうことにもなりかねません。 さらに、その都度冷やしたり沸かしたりする手間も考えると、ほとんどの用途に手軽に使えるウォーターサーバーの方が楽です。

ウォーターサーバーの場合は、きちんとしたメーカーならば水の安全性や美味しさは初めから保障されていますので、品質と料金を合わせてみた場合には、ウォーターサーバーのほうが優れているといえるのではないでしょうか。

ペットボトルを詰め過ぎた場合など冷蔵庫の容量に余裕がなくなってしまった場合、庫内を冷やすための電気代は余計にかかってしまいます。 さらに、お水を使うたびに何度も冷蔵庫のドアを開けますから、いったん常温にさらされた庫内を再び冷やすのにも電気を要するのです。

まず、ウォーターサーバーの消費電力ですが、これは、、冷水時には80ワット、温水時には350ワットといったくらいです。一般家庭の1KW(1000ワット)あたりの電気料金を、ここでは20円として考えてみましょう。20円×80ワット×24時間。これで計算いたしますと、約38円になります。つまり冷水機能のみを使い続けた場合には、一日辺り38円、一ヶ月単位で見れば、1200円弱かかる、ということですね。これには案外安いな、と思われる方が多いかもしれません。

一方で、今までのお水の使い方として考えられるコストには水道代やペットボトルの購入料金、また冷やしたり沸かしたりする際の光熱費などが挙げられます。 そのように考えたとき、ウォーターサーバーを導入することによって省くことができる手間などがあるはずなのです。

ウォーターサーバー 飲みきれない    ウォーターサーバー 月額 比較   

CoolQoo月々4900円定額 ボトル不要 水使い不要 宅配水から乗り換えるならいま!無料になるキャンペーン中