ピュアウォーターがついに使い放題

無料になるキャンペーン中

CoolQooの凄さを宅配水 浄水器 徹底比較

比較表

定額制のCoolQooだから圧倒的なコスパを実現

無料になるキャンペーン中

ウォーターサーバー 電気料

ポストする January 30, 2016


「cado×CLYTIAウォーターサーバー」「スリムサーバーⅡ」以外のウォーターサーバーについては、 約800~1,000円/月を目安としてください。ウォーターサーバーを利用することにより電気ポットやガスでのお湯をわかすなどの手間が省ける他、冷蔵庫の開け閉めによる電気代の削減メリットもあります。

ウォーターサーバー 電気料 コスモウォーターの「スタイルセレクトウォーターサーバー」は、コンパクトで置き場所は自由自在。卓上タイプなので、置き場所に困らないのが嬉しいですね。色は、「ブラック」「ホワイト」「ブルー」「ピンク」の4種類です。部屋のインテリアに合わせて、選ぶのがよいでしょう。


ウォーターサーバー 電気料

ウォーターサーバー導入で気になるのが月々の電気代ですが、各メーカー省エネが進み 、月約1000円前後の電気代で使用出来ます。メーカーによっては省エネサーバーなども あり、より安い電気代で使用できます。

 ウォーターサーバーを維持するのにかかる電気代を、利用者の多いクリクラとアクアクララのウォータークーラーで比較してみます。それぞれ床置きタイプの標準タイプと省エネタイプの消費電力を見てみると、冷水の容量2.3L温水の容量2.0Lのクリクラでは、クリクラサーバーLが冷水は73W、温水は450W、クリクラ省エネサーバーLが冷水は80W、温水は300Wです。一方、アクアクララでは、冷水3.4L温水1.8Lの消費電力は、アクアスリムの冷水が105W、温水が465W、アクアアドバンスの容量は冷水が1.9L、温水が1.6Lで冷水95W、温水400Wです。それぞれ、冷水、温水の容量が違うため単純に数字だけでは判断しにくいものの、温水を使用するのに大量の電力が必要になっていることがわかります。

ウォーターサーバーのモデルによって異なりますが、ECOモードを搭載している「スリムサーバーⅡ」は、 通常モードで約630円/月、ECOモード使用時は約504円/月(※)と従来の製品と比較して大きく省エネが実現できました。

ウォーターサーバーって実際どうなの?と思っている人のために利用している方の口コミ を集めて、家庭用やオフィス用、店舗用などのシーン別にカテゴライズしています。水の 味が気になる方や電気代が気になる方、使い心地を知りたいという方におすすめです。

ウォーターサーバーとは、宅配で届けられる水容器を本体にセットすることによって、冷水と温水の両方をいつでも使うことができるディスペンサーのことです。種類としては直接ゆかの上に設置するタンク込みの高さが120~130cmの床置きタイプと、キッチンカウンターやテーブルの上に置いて使う高さ70cm~80cmの卓上タイプがあります。容器も一回一回使い捨てのワンウェイボトルと、使い終わったら回収するリターナブルボトルの2種類があり、利用料金も業者によって異なります。費用としては、サーバーの設置費用とレンタル費用、メンテナンス費用、それとタンク入りの水の購入費用とその配送費用、そして忘れてはいけないのが冷水と温水をすぐに提供できるようにするための電気代です。

ウォーターサーバーの電気代をまとめてみました。近年はウォーターサーバーを導入しているご家庭も珍しくなくなってきましたね。ウォーターサーバーの水は、健康に配慮されていることから、飲料用だけでなく、料理などさまざまなシーンで活用されています!ご使用の際は、電気料金の節約も忘れずに! ウォーターサーバー 電気料

評価投稿数: 25 口コミを投稿するwpcr_req.push('fname'); Submit your review お名前・ニックネーム: *都道府県: 年代と性別: 職業:このウォーターサーバーを選んだ理由: 5段階評価: 12345 口コミ投稿フォーム: *必須項目です 記入後、チェックを入れて下さい。 「アクアクララ」の口コミ評判と料金・電気代・デメリット SKU UPC Model 熱いコーヒーをいつも飲みたくて、だんなと相談してこの「アクアクララ」に決めました。初回は1200「アクアクララ」の口コミ評判と料金・電気代・デメリット もんちゃんさん 栃木県  |  20代女性  |  主婦  | 

ウォーターサーバーは水の代金、さらにサーバーレンタル代金やメンテナンス費用が 掛かるだけではありません。 忘れてはならないのが、電気代になります。 いったいどの 程度の費用が掛かるのでしょうか。 こちらでは詳しく解説します。 ウォーターサーバー .

また、2016年の4月から電力自由化が始まります。電力自由化が起きると新電力と電力会社の両方から電気を買うことができます。新電力は契約を増やすために大幅に安い電気料金プランが出ることが予想されます。さらに電気料金をおさえるために、新電力の動きはチェックしておきましょう。

ウォーターサーバーでは、冷却・保温・加温に電気を使用しています。ここでは、ウォーターサーバー販売大手2社の製品をもとに電気代を比較してみます!ウォーターサーバーは基本24時間電源入れっ放しで使用します。 定格消費電力で計算しています。1kWhあたりの電力量料金は27円として計算しています。

「アクアクララ」は、ウォーターサーバー市場シェアNo.1!電話一本で、安全でおいしいお水を届けてくれます。アクアクララはボタンひとつで冷水と温水がいつでもでて、1000万分の1mmという極小フィルターでお水をろ過しているので、赤ちゃんのミルク作りにも最適です。

 それぞれのメーカーのカタログから1か月あたりの電気代は、クリクラサーバーLで1,000円~1,300円、クリクラ省エネサーバーLで535円、アクアスリムで1,000円、アクアアドバンスで350円~です。容量を考慮に入れて比較すると、メーカーによる大きな差はないようです。差が大きいのは、標準タイプと節電タイプの差で、消費電力が違うことから電気代が1/2~1/3になります。電気代は使い方次第でカタログ通りにはなりませんが、特にお湯を使う時の消費電力が大きいため、お湯を使う回数が多いと湯沸しの時間が長くなり、もっと電気代がかかる可能性が高くなります。ですから、温水を出す時間と冷水を出す時間の割合を考えてお湯を出す時間の割合が多いようであれば、節電タイプのプランで契約した方が電気代の節約になり、本体のレンタル代がかかってもトータルでも節約になるでしょう。

しかしながら、省エネサーバーの場合、月々のレンタル料が通常タイプよりも高額だったり、初期導入費用がかかったりする場合があるので、電気代が安くても総費用で見ると結局同じという場合があります。使用期間等で変化しますので、ウォーターサーバーを選ぶ場合はその辺のバランスをしっかり把握した上で検討するようにしましょう。

実際には一般的な4人家族で月に4本ボトルを消費するとして、電気代は平均で約700~1,000円といわれています。さらに、最近では「エコ」なウォーターサーバーも多くなり、各メーカーが省エネ化の方向に向かっています。

 一般的な床置きタイプのウォーターサーバーは1か月の電気代が1,000円前後です。ウォーターサーバーはその性質上24時間ずっと電源を入れっぱなしにしなければいけないため、電気代の節約の仕方はかなり限られてきそうです。ウォーターサーバーで冷水や温水を出すときも、エアコンなどの冷暖房器具と同様、温度を上げたり下げたりする際に多くの電力を要します。ですから、どれだけの時間使うかを考えて容量などを決める必要はあるでしょう。また、使わないときは電源を抜いて電気代がかからないようにしたいと思うかもしれませんが、もし電源を抜いてしまっては、水が悪くなってしまいますから、24時間電源を入れておかなければなりません。そうなると、レンタルプランだけでなく、電気料金プランも考える必要がありそうです。本体が節電タイプかどうか否か、どの時間帯に使うか、何人使い、トータルどのくらいの時間利用するかなど、全てを考え合わせれば電気代が節約できるかどうかがわかることでしょう。

エネチェンジプラン診断は、5つの質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。もちろん、無料でご利用いただけます。エネチェンジプラン診断で電気代を比較

これは、ウォーターサーバーの導入によって、それまで必要だった電気ポットが使わなくなったり、お湯を沸かす電気代(ガス代)が掛からなくなるからです。電子ポットなどを常に使っているご家庭であれば、電気代が上がったと感じることは少ないと思います。

浄水器 温水    ウォーターサーバー 赤ちゃん 天然水   

CoolQoo月々4900円定額 ボトル不要 水使い不要 宅配水から乗り換えるならいま!無料になるキャンペーン中