ピュアウォーターがついに使い放題

無料になるキャンペーン中

CoolQooの凄さを宅配水 浄水器 徹底比較

比較表

定額制のCoolQooだから圧倒的なコスパを実現

無料になるキャンペーン中

ウォーターサーバー 電気料金

ポストする January 29, 2016


放射性物資の心配などでウォーターサーバーの利用を検討しているけど、急に電気料金がかかってしまったらどうしよう・・と一歩踏み出せないでいる方もいるかもしれません。 ウォーターサーバーは一日中電源を入れっぱなしなので、電気料金がかかってしまうというイメージがあります。金銭面の心配をせずに、ウォーターサーバーを利用するためには、事前に電気料金を把握しておく必要があります。 具体的には、ウォーターサーバーど導入するとどの程度の電気料金が必要になってくるのでしょうか?

ウォーターサーバー 電気料金 ウォーターサーバーのメリットはほかにもあります。ウォーターサーバーを導入することによって、実はその他の光熱費の節約にもつながっていきます。以前のように、コーヒーやスープやカップラーメンなどいちいちコンロでお湯を沸かす必要がなくなるので、ガス料金が大幅に削減できます。>>人気ウォーターサーバーの電気代ランキング


ウォーターサーバー 電気料金

さて、実際のところウォーターサーバーで掛かる電気代は、いくらくらいなんでしょうか。 業者によってサイズや性能も異なりますので多少の差はありますが、一般的にはひと月に1,000円前後掛かると見られます。よくウォーターサーバーと比較対象にされるのが電気ポットになりますが、電気ポットにしても使えば月に凡そ1,000円程度は電気代が掛かりますから、基本同じくらいとなります。 ですが、電気ポットは湯を出すための機械で、水を出す訳ではありません。

冬場はご家庭で電気ポットを利用されている方も多いと思います。夜間など使用しない時間は電源をこまめに切ることを心がけている人もいるかもしれません。でも、保温などの観点から一日中電気ポットの電源を入れている方が多いと思います。 ウォーターサーバー 電気料金

ウォーターサーバーの一ヶ月にかかる大よその電気料金を算出し、ランキングにしました。電気料金は毎月かかる経費なので重要です。 ものによっては、電気ポットを24時間つけているよりもやすい電気料金なので、光熱費が浮きます◎

実は電気料金に大差はありません。電気ポットは24時間使用するとなると、メーカーによって差はありますが、だいたい1ヶ月で600円から1000円程度の電気料金がかかります。つまり、現在電気ポットを使用しているご家庭で代わりにウォーターサーバーを導入したとしても電気料金はさほそ変わりません。省エネで従来の25%の電気料金削減に成功したウォーターサーバーや、Mizの樹というウォーターサーバーは1ヶ月の電気料金が100円未満など、中には電気ポットよりも電気料金のかからないものもあります。

ご家庭でウォーターサーバーの導入をしようか悩んでいらっしゃる方は、やはり月々の電気代が気になるのではありませんか? ウォーターサーバーは電源を入れる事により、冷水と温水を作り上げているので、基本的には常に稼働している状態になります。

同等の電気代であるにも関わらず、冷水と温水の両方が出せるウォーターサーバーは、電気ポットよりも優れており、それを考えれば電気代もお得と考えられます。また、ペットボトルの水は冷蔵庫からわざわざ取り出さなければいけませんし、冷蔵庫を開けるだけでも電気代が掛かりますから、その点でも電気代で得するメリットがあります。

ウォーターサーバー 湧水    浄水噸 x900   

CoolQoo月々4900円定額 ボトル不要 水使い不要 宅配水から乗り換えるならいま!無料になるキャンペーン中