ピュアウォーターがついに使い放題

無料になるキャンペーン中

CoolQooの凄さを宅配水 浄水器 徹底比較

比較表

定額制のCoolQooだから圧倒的なコスパを実現

無料になるキャンペーン中

ウォーターサーバー 備蓄

ポストする January 26, 2016


いつ来るか分からない災害に備えて、どれぐらいの水の量を備蓄しおくと良いのか疑問に思うでしょう。 1人が1日で必要とする水分量が、多く見積もって3リットルと言われています。 最低何日分用意しておいた方が良いかと言うと「3日分」と言われています。最低ですので、私の考えでは5日分や7日分用意できれば用意しておいた方が、さらに良いと思います。

そういった利便性以外にも注目が浴びているのが「備蓄水」として、ウォーターサーバーを選ぶと言う事です。 その理由は、阪神淡路大震災や東日本大震災など様々な災害が起こっている現状や、これからの日本に起こると思われる災害時に備蓄出来る食材や飲料を準備しておく意識が高まっています。 ウォーターサーバー 備蓄


ウォーターサーバー 備蓄

一般的には、必要な飲料水の量は1人1日約3ℓと言われています。また、応急給水などの公的支援が始まるまでには3日間ほど必要と言われています。 1人1日3ℓ×3日分=9ℓ。これに家族の人数をかけた飲料水を備蓄しておけば安心とされています。

ですが、サーバーは電気が止まってしまっても、常温での給水は出来るのです。 ボトルから直接お水を入れるのは大変ですが、ボトルをセットしてしまえば、いつものように使うことが出来ます。 1つ注意する事は、電気が通っていないので冷水や温水は出ません。

一般的にサーバーの水の賞味期限は各メーカー「6ヶ月」にしているところが多いです。 それだけの期間があれば、使っていく中で少しでも多く自宅に置いていても、腐る心配は無いと思います。 ですので、ウォーターサーバーの水は備蓄水として大変有効なものだと言えます。

メーカーでは、転倒防止のワイヤーを用意していますので、 つけていないで使用している方は取り付けましょう。 サーバー本体の裏側にワイヤーを付けて壁に固定することです。 壁に穴をあけるのですが、やはりこれが一番安心だと思います。

1人の3日分で考えると、3リットル×3日分=9リットルは必要になります。 家族3人なら27リットル、4人なら36リットルになります。 ウォーターサーバーのボトルは1本12リットルが多く採用されていますので、2~3本は最低必要になる事になります。

ウォーターサーバー 赤ちゃん 安い    浄水器 逆浸透膜   

CoolQoo月々4900円定額 ボトル不要 水使い不要 宅配水から乗り換えるならいま!無料になるキャンペーン中